読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmori3y2のブログ

主にWindowsのプログラムなど

C#でも最後の砦はアセンブリコード

今VS2013ですが、昔からデバッガでは、アセンブリコードでもデバッグ出来ました。

「もちろん、C#でも!!」

「.pdb入手してMyCode以外もデバッグ出来るようにしたら、ランタイムやOSSのライブラリもデバッグ出来ますよ」

「まあ、普通にC#デバッグしても良いんですが・・・」

(2016/02/09追記)

NuGet Package開発者の皆さん!!.pdb配布お願いします。

シンボル用Package作らなくてもpackage/files/file/@srcで追加できますよ!!

C#オンリーだと記憶にないかもしれませんが、アンマネージデバッグも有効にしていると、シンボルが見つからない時に、呪文のようなコード出て慌てた経験はありませんか?

それがアセンブリコードです。

「ILじゃないですよ」

少し似てますが・・・

「アンマネージC++ではおなじみです」

C++のコードからアセンブリコードや16進数のマシンコードもファイルに出力できますし」

/FA、/Fa (リスティング ファイル)

C#アセンブリコードでデバッグするのも簡単です。

  • ブレークさせる
  • Debugメニュー>Windows
  • DissemblyとRegistorsを選択

で表示&デバッグ出来ます。

「いつでもC#のソースとアセンブリコードでデバッグ出来るので、もしもの時に安心ですね」

ILを見ても良いですが、マシンレベルではアセンブラに変換されて実行されるので、何か腑に落ちないことがあるときは、頼りになります。

アセンブラに展開した時の各処理命令のCPUサイクル数を足し算すれば、実装方法によってパフォーマンスが違う理由も納得がいく」

メソッドコールはコストがかかるって言うけど、レジスタをスタックに退避してから、コードを実行して、終わったらスタックからレジスタを復元するので、アセンブラを見たらあたりまえ」

「でも、最適化でインライン展開してくれるときもある」

デバッグ版とリリース版は別のプログラムだから・・・」

まあ、非同期とか、システムコールとか、I/Oが挟まったら、そんなに簡単な話じゃありませんが・・・

パイプライン使ってるので、一瞬実行順序がおかしいって思うこともあるから、レジスタの動きをちゃんと見よう」

パイプラインぐらいは勉強しておいても損は無いから・・・」

x86アセンブラの基本

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/afzk3475.aspx

IntelのリファレンスPDFダウンロード

http://www.intel.com/content/www/us/en/processors/architectures-software-developer-manuals.html

「いきなりリファレンスはちょっと・・・」

って言う人は、ググればいろいろ出てくるみたいですよ。

codezine.jp

qiita.com

kira000.hatenadiary.jp

「ILも似てるから、先に勉強してもいいかも」

岩永大先生のサイトにも記事があります。 (2016/02/09追記)

ufcpp.net

さすがに、最近のコンパイラの最適化技術はすごいから、サラでコードを書く必要がある人は殆どいないですが、あなたもデバッガ見ながらニヤニヤしてみませんか?