読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmori3y2のブログ

主にWindowsのプログラムなど

京都 木屋町松原 Funatsuru Kyoto Kamogawa Resortのフレンチ

無沙汰です。最近、目が疲れていたのでブログを休んでいました。

www.funatsuru.com

さて、結婚して早11年。

昨日は、子供抜きの夫婦水入らずで、久しぶりの本格フレンチレストランに行ってきました。

子供が生まれてから10年間。

常に、親子三人で行動してきたので、子供抜きで本格的なフレンチは実に10年ぶりです。

建物は、明治創業の料亭の内装をお洒落な洋風に改装したもののようです。

実は、木屋町通りの南の方はあまり行ったことがありません。

目的のお店の木屋町通り沿いの入り口は建物の大きさに比べて間口は小さく、ネットのクチコミでは、「分かりにくい」ということだったので、少し早めに偵察に行き、ウェブサイトの写真も素晴らしかったので、鴨川からの眺めも確認しました。

http://www.funatsuru.com/restaurant/info/#inf_01

四条通りから木屋町通りを南下して、仏光寺公園を過ぎて、最初にウエディングのところがありますが、そちらではなくもっと南の松原通り手前の方です。

私のように初めて行く場合は、ウェブサイトのスライドで入り口の様子を確認しておくか、Google先生におまかせすると良いです。

四条から、鴨川とみそそぎ川の間の遊歩道を歩いてきた人や時間つぶしに遊歩道に出る人は、仏光寺公園北側の道路から木屋町通りと行き来が出来ます。

日が暮れて、鴨川沿いから見ると、レトロな佇まいの雄大な建物が幻想的な雰囲気を醸し出しています。

f:id:tmori3y2:20161022103559p:plain

メニューのほうですが、久しぶりなので、頑張りました。

普段は、最短5分で定食を平らげることもあるのですが、実にコースを2時間かけて、たっぷりと堪能。

もちろん、最後は神戸牛。とろけるようでおいしかった。

デザート前に、スタッフさんが「デザートは4階のテラスでいかがですか?」と提案してくださったので、「もちろんです」とお願いしました。

後でウェブサイトで知りましたが、込んでいるときは利用できない場合もあるので、事前予約がお勧めだそうです。

f:id:tmori3y2:20161022192626j:plain

日本でわずかにしか残っていない古めかしいエレベータで4階に上がると、そこは鴨川から眺めたときに見えた和風の屋根がついた部分でした。

近くの清水寺のライトアップを見ながら、デザートをいただきましたが、余りの眺めの良さに、すっかりサプライズタイムを忘れてしまいました。

実は、神戸牛のコースは事前予約が必要だったので、オンライン予約の後に電話で確認を入れたのですが、そのときに応対された女性のスタッフさんから、「お花とメッセージをプレゼントしませんか?」とご提案いただきました。

花束をプレゼントするなんて、ガラでもないが、せっかくなのでお願いしたのですが、すっかり忘れていたので、男性スタッフさんが嫁さんに見つからない様にうずくまって、一生懸命に背中を叩いていたのにも中々気づかず、嫁さんにばれてしまいました・・・

後は、お互い中学生みたいに恥ずかしがって、「ありがとう」と言い合いながら、花束を手渡しました。

f:id:tmori3y2:20161022192639j:plain

メッセージプレートも、花束に名刺のようなものを入れるのかと思いきや、大きなお皿にチョコレートでメッセージを書き、ソースで絵をあしらっていただきました。

趣向については、色々と注文できるようで、テラスの隣のチャペルでプロポーズなども出来るそうですので、興味のある方はスタッフさんに確認してみてください。