読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tmori3y2のブログ

主にWindowsのプログラムなど

XMLでのGuidのSerialize/Deserializeまとめ

System.Guidとは?

System.Guid構造体は、128ビット (16バイト)の値が衝突されないと期待されるGUIDとか、UUIDとか言われる値を生成・管理するValueType。

一般には、32桁の16進数で表現される。

128ビットだから衝突しない訳ではなくて、例えば、ファイルのGUIDをバイナリデータが完全に一致するときに再現性良く生成したいから言って、ファイルのMD5ハッシュ値をこの構造体に突っ込んでも、それは"GUIDっぽい何か"でしかないので注意。

UUID - Wikipedia

wikiの記事によると、

  • .NETの実装はwikiの記事と実行結果からバージョン4形式であることが分かる
  • MD5/SHA1ハッシュ値を使用する場合はバージョンを0x0011 or 0x0101とし、バリアント0x10をとする

なお、GUIDの内部表現はバイト配列で、書式によってDWORD、WORD、BYTE配列に分割するが、DWORDやWORD表現を使用する場合の表記はビッグエンディアンを採用することが推奨されているので、Guidのコンストラクタにハッシュ値のバイト配列を渡すと、バイトオーダーがひっくり返ったように見える。

標準Serialize/Deserialize処理

XML Schema Definitionでは、標準でGUIDを型として定義していないが、標準のXmlSerializerでは属性/要素ともに、GuidのSerialize/Deserializeに対応している。

標準では、xsd:stringにマップされるが、マイクロソフトの各種フレームワークでは、スキーマ定義を文字列の制限による派生によりsimpleTypeとして個別に定義されているので、スキーマ定義する場合はコピーして定義しなおすと良い。

GUID simple Type [OneNote 2003 XML Schema Reference]

Schema Data Types

一般に、採用されている出力フォーマットは、括弧なしのハイフン区切りの32桁の16進数で書式文字列が"D"のパターン。

Guid.ToString メソッド (String) (System)

ただし、入力フォーマットは、他のすべての書式を受け入れる。

Guid.Parse メソッド (String) (System)

この辺は、XmlConvertクラスを使っても事情は同じである。

XmlConvert クラス (System.Xml)

敢えて、書式"D"に制限するには、スキーマ検証で行うか、文字列で処理して、書式"D"限定でParseする。

標準パターン

Guidに限らず、試しそうなパターンをLinqPadのスクリプトで書いてみた。

  • test/@guid (Test.GuidA), test/Guid (Test.Guid)
    • Guidの標準Serialize/Deserialize (ValueType)
    • Guid.Emptyが"00000000-0000-0000-0000-000000000000"と出力されてしまい、如何にも「初期化し忘れました」と白状している様でマヌケ

Nullableを使用するパターン

  • test/@nullableGuid (Test.NullableGuidA), test/NullableGuid (Test.NullableGuid)
    • XmlSerializerはnullのオブジェクトを出力しないのでNullableを試行
    • サポートされているxsd:simpleType以外はxsd:complexTypeとみなされるので、属性に割り当てられない
    • 要素は可能だが、nullだとxsi:nil=“true"が必要でやっぱりちょっとマヌケ
      • Nullableでは、XmlElementAttribute.IsNullable = true固定で省略可能
      • ValueTypeにXmlElementAttribute.IsNullable = trueを付けると、Nullableを使えと怒られる
      • XmlElementAttribute.IsNullable = trueは、null値を持つ型に対して、xsi:nil=“true"を付けて要素を出力するためのオプション

文字列を使用するパターン

  • test/@guidString (Test.GuidStringA), test/GuidString (Test.GuidString)
    • XMLでxs:stringはすべての単純型 (xsd:simpleType)の先祖。いわばobject型
    • 困ったとき(属性や要素に型を割り当てられないとき)はxs:stringにする
      • 属性や子要素を持たずにText()をプロパティとして持つクラスを属性に割り当てるとき
      • 属性ではT[]にバインドされるxs:list (空白区切りリスト)をText()にバインドしたいとき (標準ではTを要素名とするマヌケなコレクションになる)
    • 拡張メソッドやラッピングクラスを作ると便利
    • 自動実装プロパティが使用できないのが残念だが、文字列パース時にカスタム処理が必要な場合はお勧め

XmlSerializerの特殊プロパティサポート機能を使用するパターン

XmlSerializerの特殊メソッドサポート機能を使用するパターン

LinqPadスクリプト

デフォルト値の出力

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<test xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" guid="00000000-0000-0000-0000-000000000000">
  <Guid>00000000-0000-0000-0000-000000000000</Guid>
  <NullableGuid xsi:nil="true" />
</test>

値を持つ場合の出力

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<test xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" guid="2056f9b8-f75e-4dfc-bd2d-91809678c6ed" guidString="35d3ad22-53aa-4b80-9d47-95e76a2526e3" attributableGuid="380e2cec-b039-493f-86e3-7da1441ce8dd" handledGuid="f7e1bc0a-2bba-400c-8449-66db395fc223">
  <Guid>1bf4f67c-d77a-46c2-be35-4e45ebe36336</Guid>
  <NullableGuid>b46e2b84-f82d-4b03-ad20-4df4c3178696</NullableGuid>
  <GuidString>1df5659f-80ae-4c1d-a037-a6376f872c16</GuidString>
  <AttributableGuid>e6672ead-74b7-450b-b298-d0c90725644e</AttributableGuid>
  <HandledGuid>9dedee00-78e2-4980-85d2-2e631944c8e6</HandledGuid>
</test>

残りの2つのマジックは?

  • DefaultAttribute
    • 対象のプロパティに付与する
    • nullの場合にデフォルト値を割り当てる
    • 割り当てる値がconst or staticの場合に使用可能
  • Resetメソッド
    • prefixにResetを付けたメソッドでプロパティにデフォルト値を割り当てる
    • 動的な割り当てが可能